化粧品選びのプロ・コスメコンシェルジュが、美肌でいたい40代のためのスキンケア&化粧品の情報をお届け!

40代の美肌を育てるスキンケア&化粧品の情報|大人のコスメガイド

保湿・しわ改善

ポーラBAは40代にどう?クリーム・ローション・ミルク使ってみた

更新日:

ポーラBA

ポーラBAって、高いけど人気があって「どこがいいんだろう?」って思っていませんか?

京子
私も実際に使うまで「どこのマダムが使うんだろ?」って思ってましたが、使い始めたらその魅力にハマってしまいました(笑)

「POLA B.A(ポーラ ビーエー)」は、「肌誕生のメカニズム」に着目し、細胞1つ1つを輝かせ「生命感あふれる立体感ツヤ肌」を目指すブランドです。

毛穴!とかシワ!とか乾燥!とか、特定のお悩みに特化しているのではなく、総合的に肌を底上げするイメージで、

カサつき・毛穴・くすみ・小じわ・ハリの無さ…… いろんな肌悩みをまとめてケアできるエイジングケア化粧品という感じ。

京子
今回は、BAの化粧水・乳液・クリームを実際に使ってみた感想から、口コミの傾向、座談会に参加して聞いた裏話までご紹介します♪
ポーラBAの評価
保湿
エイジングケア
低刺激性

こんな方にオススメ!

  • 積極的にエイジングケアしたい
  • 5年後、10年後のためにも良いものを使いたい
  • 肌悩みがたくさんある

ポーラ BAローションを使ってみた

BAローション

BAの中でもとくに人気なのがこの化粧水「BAローション」!

  • 肌誕生のメカニズム「バーシカン」に着目した成分「ゴールデンLP」
  • ハリ・弾力・透明感を目指す「BAコアリキッド」
  • 角層の糖化に着目した「EGクリアエキス・YACエキス」

など、40代のお肌に嬉しい成分がたっぷり♪

ココがポイント

BAローションは肌への馴染みやすさを高めた「モイストボリューム浸透処方」!
ふっくらとしたボリューム感を演出してくれるそうです。

BAローションのボトル

BAローションは、写真の120mlサイズ(100日分)とハーフサイズがあるのですが、

私はBAシリーズを2週間ラインでお試しできる「B.Aベーシックセット」を使ってみて、「私にはこのBAローションは必要だわ!」っと感じ、120mlサイズを購入しました。

艶のある漆黒のボトルが印象的ですよねー。
倒的な高級感で、特別感のあるスキンケアタイムを演出してくれます。

フタを開けると、ポンプ部分はシルバーで、カッコイイ。
角ばっていてゴツいので、手にフィットする感じではありませんが(汗)

香水みたいにイイ香り♪

BAローションのポンプ

BAの香り、私大好きなんですよね♡

イランイラン、ブラックバニラ、ブラックペッパーの3つの天然香料が醸し出すフローラルウッディの香りで、甘すぎず、エキゾチックで、女性らしさを思い出させてくれる……

ポーラには、専門の調香師がいて、フランスの天然香料をブレンドした、香水のように上品な移りゆく香りを楽しむことができます。

京子
ちょっとキツめの香りだけど、とにかくいい香りでずっと嗅いでたい(笑)

少量でしっかり潤うからコスパ良し!

BAローションのテクスチャー1

コットンではなく、手にとって優しく馴染ませるのがポイント。
少量でしっかり潤うので、コスパがいいんです!

せっかく高価な化粧水を買ったのだから、丁寧にお手入れしようって気になるし、お肌も答えてくれる気がします。

テクスチャーは少しとろみのある、ほのかに黄色味を帯びた透明な化粧水。
トロミがあるのに肌にのせるとあっという間に肌に溶け込んでしまいます。

京子
公式サイトに「肌と一体化するように染み渡る…… 」とありますが、まさにそんな感じ!
のせた瞬間からうるおいに変わり、私の肌の一部になっちゃうような。

BAローションのテクスチャー2

しかも保湿効果がバツグン!
真冬だというのに、化粧水だけでも平気じゃん?!って一瞬思っちゃうくらい、しっとりして乾かないの。

なんというか、キメのひとつひとつまで、ふっくらと潤いで満たされる感覚。
化粧水だけで、このモチモチ感、たまらない♪

BAって、エイジングケアラインなのに美容液の存在感が薄いの、何でだろう?って思っていたんです。

京子
使ってみてわかった!
いらないんだ、美容液なんて(笑)

いや、本当にいらないワケじゃないんだけど、化粧水と乳液だけで、中価格帯の美容液を超える満足感を感じたんです。

ポーラ BAミルクを使ってみた

BAミルク

BAミルクはローションと合わせて朝夜使用する基本のアイテム。
訴求成分はローションと共通です。

ココがポイント

BAミルクは、しなやかなラメラ構造で角層のすみずみまで美容成分を届ける「ディープオイルクッション処方」を採用!

朝はローションとミルクのシンプルケアにも関わらず、モッチリとしたハリと弾力を感じさせてくれる、こだわりのテクスチャーとなっています。

ボトルデザインもローションと共通で高級感あふれるブラック。
ハーフサイズはありません。

BAミルクのテクスチャー1

BAミルクのテクスチャー2

ゆるゆるとした、なめらかなテクスチャー。
ローションと同じ、フローラルウッディの香りです。

軽く馴染ませるだけでも、まるで自分の肌に一体化するような感覚!
みずみずしくて軽いミルクなのに、しっかりとした保湿力でクリームのような満足感があります♪

美容液を使わなくても、 BAのローションとミルクだけで、上質な美容液で仕上げたような極上肌に。
しなやかなハリと弾力をたたえた、ツヤツヤの肌に仕上がります♪

京子
ミルクを買うなら、ぜひBAローションとセットで使うのがオススメ。

ポーラ BAクリームを使ってみた

BAクリーム

BAクリームはナイトクリームなので、夜のみミルクの後に使用します。
かなり濃厚リッチだけれど、この重さが年齢を重ねた乾燥肌には嬉しい♪

ココがポイント

BAクリームは、保護膜と浸透膜の2層の膜ができることで、浸透膜が保護されるため長時間うるおいと美容成分を届けるこだわりの処方!

使ってみるとわかるのですが、まるでパックのような満足感なのです!
シナジー設計のBAスキンケアの仕上げに使うことで、ハリと弾力が長時間続きます。

BAクリーム2

クリームも香りは共通ですが、特にしっかり香るため、苦手な方にはちょっとキツイかも……
うちは主人もこの香りが気に入っていて、スキンシップが増える気がしてます(笑)

なめらかなバターのように濃密で、コクのあるやわらかなクリーム。
こっくりというより、コッテリに近いかも。

BAクリームのテクスチャー1

BAクリームのテクスチャー2

一見固そうなのですが、手のひらをすり合わせて伸ばすと、クリーミーで柔らかく、肌ののせるとトロけるような極上の使用感!

信じられないくらい自然に肌に溶け込み、しっかりお肌を覆い、でもベタつきません。

クリームを馴染ませた肌はしっとりやわらかく、しなやかでありながら、パーンと張る感じもあり。
指で頰を押すと押し返してくるような弾力も!

京子
ハリツヤがよくなって、ちょっと顔が立体的に見える気が。

BAローション、BAミルク、BAクリームと重ねてくると、なんだかもう自分の肌じゃないみたい(笑)

40代の口コミを調査!ポーラBAのいいところ、悪いところ

ポーラBA ベーシックセット

購入前に口コミが気になったので、かなり調べました。
せっかくなので、そちらもまとめておきますね。

ポーラBAの良いところ

  • 保湿効果が高い
  • 濃厚なのにベタつかない
  • ハリと弾力が出てモチモチ
  • 目元がふっくらする
  • 毛穴や小じわが気にならなくなった
  • メイクが綺麗にのる
  • 香りが好き
  • 100日分で意外とコスパがいい

といったものが目立ちました。

京子
「リッチな保湿力」「メイクのりがいい」はかなり多くの方が感じているようです♪

ポーラBAの悪いところ

  • 価格が高い
  • 香りがキツイ、香りが苦手
  • ニキビができた
  • 肌に合わなかった

といったものが目立ちました。

圧倒的に多いのが「価格が高い」というもの。
質のわりに値段が高いというのではなく、経済的に続かないといった感じ。

京子
「とくべつな時にご褒美として買っている」「普段は買えないけど、コフレが出ると、ちょっと背伸びしてでも買ってしまう」など肯定的なものが多かったです。

ポーラBAって何がすごいの?高くても人気の理由

肌誕生のメカニズムに着目!

ゴールデンLP

ポーラBAの最大の特徴は、肌誕生のメカニズム「バーシカン」に着目していること!

バーシカンは胎児の肌誕生の初期から関わっている物質で、大人になると減少してしまうことが分かっています。

BAには、とても希少な黄金の繭から抽出される、バーシカンに着目した成分「ゴールデンLP」が配合されています!

年齢肌特有の複合的な肌悩みに「バイオアクティブ理論」

ポーラBA

「BA」とは「バイオアクティブ理論」の略で、肌本来の働きをサポートすることで「生命感あふれる立体ツヤ肌」を目指すブランドです!

毛穴!とかシワ!とか乾燥!とか、特定のお悩みに特化しているコスメとは違い、

肌の細胞1つ1つが健やかに本来の働きを発揮することで、肌のコンディションを最大に引き出し、輝かせることできるという考え方。

全ての肌悩みって実はぜんぶ繋がっていて、40代を超えて「肌悩みが1つ」って方は少ないと思うんです。

例えば、シワやシミが目立つ方は乾燥やくすみもありますよね?
テカリやニキビに悩む方は毛穴も気になるはず。

根本を見直すことで、そういった年齢肌特有の複合的な肌悩みに対応するイメージです!

肌の糖化ケアにいち早く着目

BAの糖化ケア

年齢とともに気になる黄ぐすみやたるみ毛穴の原因となるのが「糖化」です。

BAは、肌の糖化ケアにもいち早く着目してきたブランドで、糖化ケアとしても人気。

最近では、角層も糖化することを発見し、「EGクリアエキス」「YACエキス」といった複合成分が配合されています。

ポーラの座談会で聞いた裏話

POLA BAが人気の理由

ここからは、ポーラの座談会に参加した際、スタッフさんから伺った裏話をご紹介します。

ポーラだけのオリジナル成分が魅力

BAには、ヒアルロン酸やセラミドなど、いわゆる定番の成分はあまり配合されません。

その代わり、ポーラの研究機関で肌に有用と分かった「オリジナル成分」を積極的に配合しており、それがBAの他にない魅力に繋がっているとのこと。

京子
日本初のシワ改善成分「ニールワン」や10年ぶりの新・美白成分「ピースディーピー」といった薬用成分も開発しており、実力は間違いありません。

BAの為だけの研究機関がある

ポーラには様々なラインがありますが、実は「BA」だけのための肌の研究機関「BAリサーリセンター」があるのだそう!

そこでは年齢肌やエイジングケアの先端研究が行われており、BAの商品はここから生まれるのだそうです。

京子
ポーラがBAにかける情熱が伝わってきますよねー。

革新がなければリニューアルはしない

毎年のようにリニューアルされるブランドってありますよね?
その方が売れるからなのですが……

BAでは「売るためのリニューアルはしない」「革新がなければリニューアルしない」スタンスを貫いているとのこと!

京子
ポーラの新商品やリニューアルの時って、必ず「肌の新発見」があり、「新しい成分」があり、コスメ好きをワクワクさせてくれます♪

実は、肌のことをとても考えたエイジングケア

エイジングケアって刺激が強い、肌に負担をかけるイメージじゃないですか?

ポーラでは、「肌そのものの働きを高める考え方」を基本としています。
無理やり何かを変えたり、安易に働きを抑制するのではないので、肌への負担や副作用のリスクが少ないんだって。

京子
ただし、あえて無刺激にしないことで、実感や使用感の良さを追求しているとのこと。

内容量が100日分の理由

化粧品の内容量って一般的に1.5ヶ月〜2ヶ月が多いのですが、ポーラでは100日分(3ヶ月半)が基本!

ターンオーバーの周期(角層の細胞が入れ替わる3ヶ月)は最低でも使ってほしい!という想いから100日分にしているそうです。

京子
BAってすごく高いイメージですが、1ヶ月のコスパを計算すると、他のデパコスブランドと変わらない価格設定になってます。

ポーラBAまとめ。まずはトライアルセットから

ポーラBAのトライアルセット

京子
ポーラBA、高いけど、使ってみれば肌で納得!
極上の使い心地がクセになります♪

低刺激ではないので敏感肌さんにはオススメしませんが、積極的にエイジングケアしたい方に試して損はないブランドです。
とはいえ、やっぱりお高いですよね……

そんな方には、BAのスキンケア5品をラインで試せるトライアルセット「BAベーシックセット」がオススメ!

  • B.A クレンジングクリーム 20g
  • B.A ウォッシュ 20g
  • B.A ローション 20mL
  • B.A ミルク 15mL
  • B.A クリーム 5g

が2週間分で10,800円です。

京子
百貨店のポーラコーナーでは取り扱っていないので、公式通販での購入がオススメですよ♪

公式サイト【POLA】B.Aの5品ベーシックセット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
magical40s

magical40s

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ。40代でも美肌でいるためのスキンケアやエイジングケア情報を発信中。注目のコスメ情報も、写真付きレビューとともにご紹介しています。メイクも好きですが「土台からキレイになりたい!」という想いが強く、毎日の食事やスキンケアをとくに大切にしています。

-保湿・しわ改善
-,

Copyright© 40代の美肌を育てるスキンケア&化粧品の情報|大人のコスメガイド , 2019 All Rights Reserved.