化粧品選びのプロ・コスメコンシェルジュが、美肌でいたい40代のためのスキンケア情報をお届け!シミ・シワ・たるみなど、お悩みに合わせた基礎化粧品やメイクをご紹介

大人のコスメガイド|40代の美肌を育てるスキンケア化粧品

ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノン×フラーレン=最強?!ドクターソワ HQ-Cフラセラムの効果

HQ-Cフラセラム

美白というと夏のイメージですが、ハイドロキノン化粧品の場合は紫外線の少ない冬に集中ケアをするのがオススメです。

年齢とともに表面化してくるくすみや色ムラは、放置するほど消えなくなるといわれているで、今年の冬は「ドクターソワ HQ-Cフラセラム」というハイドロキノンコスメで集中ケアをしていますよ!

いつもの夜のケアにちょこっとプラスするだけの簡単ケア♪

京子

この記事では、ドクターソワ HQ-Cフラセラムのオススメポイントや使い方、感想などをまとめてみました。

ドクターソワ HQ-Cフラセラム(ハイキューシーフラセラム)とは?3つのオススメポイント

「ドクターソワ(DR.SOIE) 」は、「クリニックレベルのケアをご自宅で」をコンセプトに生まれた実感型ドクターズコスメです。とにかく結果にこだわる姿勢が特徴で、市販コスメにはあまり見られない高価な成分が配合されているのも特徴です。

HQ-Cセラムの3つの特徴を以下にまとめてみました。

ハイドロキノン配合のドクターズコスメ

ハイドロキノン

ドクターソワ HQ-Cフラセラム(ハイキューシーフラセラム)は、「ハイドロキノン」という成分が目玉の美容液です。

具体的な濃度は公式HPには明記されていませんが、「院内処方と同濃度のハイドロキノンを配合」と記載されていますので効果は十分期待できるはず♪

ハイドロキノン化粧品はプチプラ〜高価なドクターズコスメまでピンキリですが、個人的には多少高くてもドクターズコスメを選んでおくと安心かな?と思っています。

ハイドロキノン・ビタミンC・フラーレンのトリプルケア

フラーレンマーク

HQ-Cフラセラムはハイドロキノンが配合されているだけではありません、ビタミンCやフラーレンも配合されているんです!

くすみや色ムラへのアプローチをバックアップしてくれるのはもちろん、どちらもハリや毛穴悩みなど総合にアプローチしてくれる嬉しい成分♪

しかも水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)が1%以上配合されている証「RSマーク」付きなんですよー!効果が期待できる分、RSマーク付きだと1万円以上する化粧品も多いです。

さすがは結果にこだわるドクターズコスメ、ハイドロキノンだけで1本9,000はさすがに高いと感じますが、フラーレンマーク付きならこの価格にも納得です。

部分使いはもちろん、顔全体にも使える!

HQ-Cフラセラムの出し口

ハイドロキノンは肌への負担や刺激が強めの成分なので、気になる部分にスポット的に使うのが一般的です。

気になる部分が1点ならそれでもいいですが、お悩みが顔全体に細かく点在している場合は部分的に塗れと言われても厄介ですよね?

ドクターソワ のHQ-Cフラセラムは「スポット使い」「顔全体」、好みに合わせてどちらでも使えるのであらゆるタイプにオススメできます!

HQ-Cフラセラムの使い方

HQ-Cフラセラムの使い方

夜のお手入れにプラスするのが基本です。日中は必ず日焼け止めを塗ることを忘れずに。

部分使いする場合

化粧水・乳液・クリームなど夜のお手入れ後、スキンケアの最後に1プッシュを気になる部分に塗り込みます。

顔全体に使用する場合

夜、化粧水をつけた後に1〜2プッシュを顔全体に馴染ませます。

ドクターソワ HC-Cフラセラムを使ってみた感想

çのパッケージ

ドクターソワのスキンケアシリーズは、赤のパッケージに白の容器が特徴のシンプルなデザインとなっています。

ハイドロキノンといえば「いかに劣化を防ぐ工夫がされているか?」といった点が選ぶポイントになるかと思います。

HQ-Cフラセラムの容器

私もハイドロキノンクリームは今までいくつか使っていますが、使い切る前に茶色っぽくなったり、変な匂いに変わったりといった商品も中にはありました(汗)

HQ-Cフラセラムの容器はスリムなエアレスポンプとなっており、可能な限り空気に触れない設計が嬉しいところ!

とはいえ、なるべく早めに使い切った方がいいのは言うまでもありません。

HQ-Cフラセラムのテクスチャー1

濃厚な白っぽいクリーム状の美容液です。嫌なにおいは特に感じません。

HQ-Cフラセラムのテクスチャー2

ハイドロキノンクリームってとにかく効果重視というか、使用感のイマイチな商品が多いですよね。

HQ-Cフラセラムはややベタッと重めではありますが、やわらかで伸びもよく、他ブランドの類似品と比較すると使いやすいと思います!

顔全体に塗るとちょっとべたつくので、なるべく薄ーく塗り広げる感じが良さそうです。

スポット使いの場合も、軽くトントンっと塗り込むようにすると問題なく使用できました。

HQ-Cフラセラムのテクスチャー3

私は最初、顔全体に使用していたのですが、何日かすると普段は全くできないニキビがポツリ、ポツリとできるようになりました。

ビーグレンのQusomeホワイトクリーム1.9を顔全体に使用した時もニキビができたので、刺激がなくてもやはりハイドロキノンは肌への負担が大きいのかな?と感じました。

ドクターソワ HQ-Cフラセラムのまとめ

HQ-Cフラセラム

スポット使いに切り替えてからは、トラブルなく使用できています。

全体に使っていた時は、かなり早い段階でくすみ抜けを感じましたねー。ハイドロキノン、やっぱり美白化粧品とはちょっと違う気がする。

スポット使いにしてからは劇的な変化は感じませんでしたが、1本使い切って、改めてみるとやっぱり買って正解だったと思いました!

どのブランドでも言われている事ですが、年数を重ねるほどにセルフケアの効果が出にくくなるのは間違いないです。

なんとなく気になり始めた段階でケアしておくのが、セルフケアのコツかなと。

価格は決して安くはありませんが、美白化粧品と違ってダラダラ使い続けるものでもありませんし、セルフケアでなんとかしたいと感じているなら試してみる価値はあると思いますよ♪

  • この記事を書いた人
京子

magical40s

40代でも美肌でいるためのスキンケアやエイジングケア情報を発信中。注目のコスメ情報も、写真付きレビューとともにご紹介しています。メイクも好きですが「土台からキレイになりたい!」という想いが強く、毎日の食事やスキンケアをとくに大切にしています。

-ハイドロキノンクリーム
-

Copyright© 大人のコスメガイド|40代の美肌を育てるスキンケア化粧品 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.