HANAオーガニックって40代にどう?自活肌を育むローズコスメ

美白・シミ対策

慢性微弱炎症に着目した国産オーガニックコスメ「HAANオーガニック フローラルドロップ&ムーンナイトミルク」を使っています。

ブルガリアンダマスクローズを中心とした植物の力で肌本来の働きをサポートし、40代なら誰もが気になる複合肌トラブルを起こしにくい肌へと導いてくれるんです!

オーガニックコスメというとあまり使用感が良くないイメージだったのですが、HANAオーガニックは天然由来成分100%にも関わらず、とても使用感がよく、オーガニックコスメが初めて!といった方でも使いやすいブランドでした♪

スポンサーリンク

くすみ・シワ・乾燥…… 40代の複合肌トラブルに根本ケアがオススメな理由

シミ・くすみ・シワ・たるみ・乾燥など…… 肌悩みが増えるたびに化粧品が増えて、うんざりしていませんか?

そんな時に試してみたいのが、オーガニックコスメの根本ケア!

実は、これらの肌悩みの根本的な原因はすべて同じ「慢性微弱炎症」。

外部ストレス、心理的ストレス、皮膚常在菌バランスの悪化による肌環境の悪化などが重なって、ぱっと見ではわからない小さな炎症が続いているせいで、

メラニンが作られ続けたり、コラーゲンやエラスチンの分解が進んだり、セラミドやNMFの生産量が低下して、複合的な肌悩みを起こしているんです!

化粧品でも薬用化粧品でも、多くは対症療法的に、それぞれの肌悩みにしか働きませんから、悩みの数だけ化粧品が必要になるというワケ。

そうではなくて、肌本来の働きを引き出しながらバランスを整え、慢性微弱炎症を起こしにくい丈夫な肌を育てることで、肌悩みを解決していこう!というコンセプトのスキンケアが、今回ご紹介するオーガニックコスメの根本ケア。

中でも40代にオススメなのが「HANAオーガニック」です!

天然由来成分100%のHANAオーガニックで私史上、最高の肌へ

HAANオーガニックは、慢性微弱炎症に着目し、ローズをはじめとする植物の力を借りて、肌本来の働きをサポートし、私史上、最高の肌を目指そう!というのがコンセプト。

時間はかかりますが、自分の二の腕の裏の肌の状態までは、目指せるといいます。

炎症体質になるのはストレスなどにより交感神経が優位の状態が続いている場合なのですが、ローズの香りは女性に幸福感をもたらし、副交感神経が優位の状態へと促すリラックス作用があります。

肌だけでなく、香りを通して体全体に働きかけてくれるため、HAANオーガニックでは香りをとても大切にしているのだそう。

ローズは肌環境を整える嬉しい作用を秘めており、あのクレオパトラも愛用していたといわれていますね。

また、もうひとつ肌環境を乱すものに「皮膚常在菌バランスの乱れ」があります。

私たちの肌は善玉菌が皮脂膜を作ってpHを保ち、細菌の繁殖を防いでいるのですが、現代女性は化粧品の防腐剤やクレンジングの強い洗浄剤により、皮膚常在菌バランスが崩れて肌環境が悪化、肌荒れを起こしやすくなっているのだそう。

HANAオーガニックには、善玉菌のエサとなる「バイオエコリア」という成分も配合されていて、健やかなお肌へと導いてくれます。

HANAオーガニック フローラルドロップ(化粧水)を40代の私が使ってみた!使用感レビュー

見てください、この美しいパッケージ!

お花の写真がプリントされているのですが、化粧品のパッケージ見えませんよね?
背の低いものは小物入れか何かに使おうかなーなんて思うくらい素敵です♪

白いボトルもコロンっとしていて、なんか可愛らしいですよね。

出し口はこんな感じ。
ミスト化粧水なのですが、エアゾール缶ではなくプラ容器なので、普通に捨てられるのもいいですよね。

そしてこの化粧水、顔に直接吹きかけて深呼吸し、香りを存分に楽しむのがコツなのだそう。

香りによる癒し効果を狙っているのだそうです。

この1本に約3000枚ものバラのエッセンスが凝縮されているというのだから驚き!

合成香料と違い、天然の香料は嗅ぐ人によって、また同じ人でも体調やホルモンバランスによって、香りに感じ方が違うのだとか。

私は甘やかでちょっと眠気を誘うような、リラックスできる香りに感じました♪

夫にいい香りをおすそ分けしようと思ったら、臭い!と言われて(笑)
やっぱりローズは歳を重ねた女性にこそ、必要な香りなのかしら。

ローズウォーターやバイオエコリアなどスキンケア効果はあるようですが、乾燥肌の私は保湿効果はほとんど感じられません。

ほんと、香りを楽しむ&水分補給といった感じの化粧水ですね。

HANAオーガニック ムーンナイトミルク(美容乳液)を40代の私が使ってみた!使用感レビュー

美容乳液ムーンナイトミルクもコロンとした容器が可愛いです。
これ1本でだいたい1.5ヶ月くらい使えるそう。

こちらもポンプタイプになっていて、衛生的。

中身は普通に白い乳液です。
なめらかでみずみずしくて、これが天然由来成分100%だなんて信じられないな。

香りはフローラルドロップと同じローズ系。
ムーンナイトドロップを顔に馴染ませたら、その手で花を覆うようにして香りを堪能。

どんだけ香り好きなんだー!って感じですが、この香りが好きな人には堪らないのです♪

塗ってすぐはしっとりモチモチになって、「オーガニックコスメって意外といいかも♪」なんて思ったのですが、表面に何も残さずスーッと浸透していっちゃう感じで、すぐにサラサラに……

合成ポリマーなどが入っていないので表面に残らないのは当たり前と言えば当たり前。

さらに、ムーンナイトミルクそのものでうるおわせるというより、「肌自らがうるおいを作り出せる肌に導く」というのがコンセプトなので、そもそも保湿成分を最低限の量しか配合していないそうです。

どうりで、乾燥肌の私には物足りないワケだ……

どうしても乾燥する場合は美容オイルをプラスする方法もあるそうですが、

私は他に、HANAオーガニックのホワイトケア美容液「ホワイトジェリー」も使っているので、ムーンナイトミルクを少し多めに塗ればなんとかなりそうです。

肌が底上げされるにつれ、ムーンナイトミルクで十分うるおいを感じられるようになり、くすんだ肌印象が変わるらしいので、気長に使ってみるつもり♪

8品もの化粧品を塗り重ねてもどうにもならない乾燥肌が、1年後には真冬にムーンナイトミルク1プッシュでOKになってしまった方もいるそうなので、ちょっと期待してしまいますね♪

オーガニックコスメの根本ケアで複合肌トラブルから抜け出したい!という方はぜひ、お試しを。

1週間ぶんのトライアルセットもありますよ!

HANAオーガニックのくすみケアとは?

メラニン生成の過程に直接働きかけ、素早く確実に効果を出す「美白化粧品」。

しかし、「美白成分の刺激が強すぎて肌荒れした」「シミ・シワ・乾燥、悩みの数だけ化粧品が増えて困っている」なんて方も多いのでは?

一方、オーガニックコスメのケアは、肌本来の働きやバランスを整えることで、根本的な原因にアプローチし、メラニンを作る必要のない肌をへと導く
スキンケア。

HANAオーガニック ホワイトジェリーは、シミ・シワ・乾燥肌に共通する原因「慢性微弱炎症」に着目。
肌環境を整えることにより、メラニンを作り続ける暴走を鎮め、私史上最高の透明感へ導いてくれます。

天然由来成分100%、植物のオーガニック比率98.95%。
ブルガリアン・ダマスクローズローズと和漢植物がポイントの、国産オーガニックコスメです。

HANAオーガニック ホワイトジェリーを40代の私が使ってみた!使用感レビュー

基本的な事項として、こちらは医薬部外品(いわゆる美白美容液)ではありませんので、パッケージやHPには「シミ・そばかすを防ぐ」などの表記はありません。

肌そのものの働きをサポートして、結果的にくすんだ肌印象から透明感を感じさせる明るい肌を目指そう!というコンセプトになります。

箱は円筒状の珍しい形をしていて、淡いピンク色のお花がプリントされた、なんとも美しいデザインです。

こういうデザインのパッケージは今まで見たことないかも!
大人の女性って感じで、落ち着きがあっていいですね。

パッケージとは対照的な、白にロゴが入っただけのシンプルなボトル。
ぽってりと尻広がりの容器です。

このボトルのようにまっさらな肌になれたらなぁ……

フタを取ると、このようにポンプタイプになっています。
1回1プッシュを朝晩に使います。

ポイントとしては、HANAオーガニックをラインで揃える場合は化粧水の後に、他のブランドと合わせて使う場合は洗顔後すぐの肌に使うこと。

化粧水の成分によっては、ホワイトジェリーの成分の浸透を妨げてしまう場合があるから、なんだって。

中身を出してみると、鮮やかな黄色のジェル美容液!

これは黄檗(オウバク)という和漢植物そのものの色、こんなに色が出るくらい成分がしっかり配合されているのでしょうね。

そして香りが濃厚!
ローズといってもピュアなローズの香りではなく、ハーブや柑橘の混ざったような、複雑な香りがします。

癒し効果を狙っているため、スキンケアをしながら両手で顔を覆うようにして思い切り香りを吸い込むのがいいらしいです。

独特だけど、リラックスできるいい香りですよ♡

ちょっとヌルッとするような、糸を引くような独特なテクスチャーなんだよね。
合成ポリマーを使わず、白キクラゲ多糖体という保湿成分をたっぷり使ってジェルに仕上げているため、なのだとか。

この辺の独特なテクスチャーはオーガニックコスメって感じがしますね。

とはいえ、肌に伸ばしてみると嫌なベタつきは一切なく、スーッと馴染んで、しっとりモッチリ。

少しするとサラッとなります。
いつまでも表面がモチモチしないのは、天然成分100%の証なのだとか。

乾燥肌の私からすると、わりと軽めな美容液で夏は使いやすいかな。
後に乳液やクリームを使うのであれば、問題なく使えるレベルです。

オーガニックコスメなので、半年とか1年とか、気長〜に使わないとなかなか効果って実感できないんだろうなーと思っていたのですが、すみません、舐めてました。

普通に1本使い切る前に、透明感出てきました!
しかも、肌の調子めっちゃいい♪

もともと乾燥肌、ちょっとしたことで肌荒れしやすいタイプなので、相性は良かったかも。

肌力を底上げする全体ケアとして、続けていこうと思いました♪

私史上、最高の透明感を目指せる理由

NF-kBの過剰な発現を抑制するシナロピクリン

メラニンは、肌が紫外線をはじめとする刺激を受けた時に一時的に作られ、ターンオーバーとともに排出されていくのですが、

長い微弱炎症状態にある肌は、炎症スイッチ(NF-kB)が過剰に発現する暴走状態となり、メラニンを作り続けている可能性があります。

NF-kBは光老化とも密接に関わりがあり、NF-kBが過剰に発現しているとシミ・シワ・たるみ・毛穴の開きなど老化現象がどんどん進んでしまうのだそう。

挑戦アザミ(アーティチョークの葉)に含まれるシナロピクリンには、過剰なNF-kBを抑制する作用があるそうです。

またシナロピクリンは、くすんだ肌印象が気になる時にもオススメな成分ですよ!

9種類の和漢植物が肌を整え、健やかな肌へ

ホワイトジェリーに配合されている和漢植物エキスは、漢方薬局に伝わるレシピを参考に、8種類の和漢植物と薔薇をブレンドしたもの。

鎮静と巡りの絶妙なバランスで、慢性的に微弱炎症状態にある肌を鎮静しつつ、肌を整え、透明感を感じさせる肌印象へと導いてくれます。

善玉菌のエサとなるバイオエコリア

慢性微弱炎症の原因のひとつに、肌の免疫の低下があります。

皮脂膜を作ったり、うるおいを保ったり、肌のpHを調整して細菌の繁殖を防いだりしている「皮膚常在菌」の数が減少し、悪玉菌が増えて、肌環境が乱れてしまった状態です。

すると、季節の変わり目やホルモンバランスの変化など、ほんの些細なことで肌荒れ・炎症を起こすようになるのだそう。

HANAオーガニックには、バイオエコリアという糖を発酵させた成分が配合されていて、善玉菌のエサとなり、健やかな肌へと導いてくれます。

天然成分100%のくすみケアで私史上、最高の肌を目指そう

HANAオーガニックのくすみケアは、一般的な美白美容液の考え方とは違い、肌そのものの働きを整えて、メラニンを作る必要のない状態を目指していくコンセプト。

時間はかかりますが、肌を底上げしてくれるのが嬉しい。

HANAオーガニックのくすみケアを全体的に使いつつ、スポットで美白美容液を取り入れると効果が早いとのことなので、続けてみたいと思います♪

この記事を書いた人
コスメコンシェルジュ
京子

40代でも美肌でいるためのスキンケアやエイジングケア情報を発信中。注目のコスメ情報も、写真付きレビューとともにご紹介しています。メイクも好きですが「土台からキレイになりたい!」という想いが強く、毎日の食事やスキンケアをとくに大切にしています。

京子をフォローする
美白・シミ対策
この記事をシェアする
スポンサーリンク
40代の美肌を育てるスキンケア化粧品|大人のコスメガイド
タイトルとURLをコピーしました