日本EGF協会認定マーク付き!おすすめ化粧品3選。効果と副作用

たるみ・ほうれい線

「EGF化粧品って、効きそうだけどちょっと怖い」
「具体的にはどんな効果があるの?」
「副作用は大丈夫?」

など、EGF化粧品についてまとめてみました!

エイジングケアに力を入れたい年齢肌には、とても嬉しい成分♪オススメのEGF化粧品もまとめているので、参考にしてみてくださいね。

>>オススメ商品だけサクッと見たい方はここをクリックで飛べます

スポンサーリンク

EGFは何に効くの?

EGFとは、細胞の表面に結合して、細胞の増殖を活性化する「成長因子(グロースファクター)」の1つ。

「上皮成長因子(epidermal growth factor)」の略称で、血管の修復や火傷の治療など、再生医療の分野で使用されてきた実績があります。

EGFはもともと肌で作られる物質ですが、25歳を超えたあたりから低下してきます。

化粧品でEGFを補うことで、お肌のターンオーバーを活性化し、カサつきを防ぎ、色素沈着を予防したり、ハリ・弾力をサポートしたり、といった働きが期待できるといわれています。

(ただし、シミやシワが綺麗さっぱり消えてしまうような劇的な効果は期待できないので注意!)

肌質を選ばず使用でき、

  • 乾燥
  • くすみ
  • 毛穴
  • ハリ・弾力
  • しわ・たるみ

といったお悩みに効果的な、年齢肌には夢のような成分です♪

化粧品成分表示では、

  • ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
  • ヒトオリゴペプチド-22

と表記されます。

「ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1」は遺伝子工学により大腸菌を培養して作られたEGF、「ヒトオリゴペプチド-22」は酵母菌を培養して作られたEGFです。

EGF化粧品は効果なしって本当?化粧品でも使う意味はある?

EGFは、血管新生促進作用や組織修復作用があることから、医薬品にするか?化粧品にするか?で揉めていた経緯があります。

「化粧品にしては効きすぎる」ということから、あと一歩で配合禁止という所まで行ったそうで、効果があるのは間違いないと思います。

EGFは肌に塗布することでも効果があるといわれていて、アメリカの臨床試験では新生細胞の成長を平均284%も促進したとか。とくに60日後からの細胞増殖が大幅に増えたそうです!

「効果が無かった」という口コミに関してですが、「使用した方の年齢」「EGFの量や質」にもよるのかなぁと。

ヒトの皮膚は25歳頃から再生能力が低下するといわれているので、EGFの不足していない20代の方が使っても、効果を感じないのは当然かも。

また、EGFの配合量や、活性が低下していないか?といった点もポイントになります。

EGF化粧品の推奨濃度とは?認定マーク付きが安心

EGFは、濃度が高すぎても、低すぎても効果は下がるという成分なのだそうです。日本EGF協会によると、化粧品のEGFの基準濃度は0.00001%

化粧品は濃度まで書かれていないのが普通なので消費者にはわかりにくいのですが、上記の基準を満たした化粧品には日本EGF協会が認定マークを付与しています。

EGF化粧品は生理活性作用が低下しているって本当?冷蔵庫保存が必要なの?

EGFは活性が低下しやすく「常温で長期保存される化粧品のEGFは活性を失っているのでは?」という意見もあります。

日本EGF協会では、認定化粧品が常温保存でも生理活性の劣化が少ないことを検証しているので、気になる方は日本EGF協会認定の化粧品がオススメです!

保管方法も、メーカーの推奨方法でいいと思いますよ。

副作用で癌になる?!EGF化粧品の副作用は危険なの?

ネットで知恵袋などを見ていると、

「成長因子なんて、医者ならともかく素人じゃ怖くて使えない」
「発がん性があると聞いた」
「細胞分裂を促進したら、テロメアが短くなって、アンチエイジングに逆効果では?」

などなど、危険とか、マイナスの印象を持っている方が意外と多いようです。

結論から言うと、安全性に関しては、EGFは配合濃度に上限があり、化粧品に配合される程度の濃度であれば安全だそう。

そもそもEGFは、受容体が必要な分しか取り込まず、過剰なぶんは排泄されるシステムになっています。

発がん性があればポジティブリストに乗るでしょうし、そもそも危険な成分なら厚生労働省は認可しませんからね。

またEGFはテロメアの短縮を防ぐ方向に働くそうで、エイジングケアには取り入れたい成分だと思います。

ちなみに、日本の大手化粧品会社がEGFを配合しないのは、動物由来原料を避ける方針であったり、大量生産する際の原料の安定供給の問題などがあるようです。

それでも「EGFは怖い!」という方の代用品

EGFは化粧品に配合禁止になるのでは?という噂が広まったため、EGFと同じような働きをする成分が開発されています。EGFが怖い場合は、そういった代替えの成分を選ぶのもおすすめです。

  • リンゴ幹細胞エキス(西洋リンゴの幹細胞を培養したもの)
  • プロテオグリカン(鮭の軟骨から抽出した成分。ヒトの真皮にも存在する)

また、皮膚科の先生がブログや書籍で口を揃えてエイジングケアにオススメしている成分は「レチノール」です!

「トレチノイン」という薬が臨床結果を出しているそうで、その効果をマイルドにした「レチノール」は化粧品にも配合されています。

実際、資生堂の純粋レチノールは「シワ改善成分」として薬用成分に認可されています。

日本EGF協会認定!おすすめのEGF化粧品(美容液)はコレ!

EGF化粧品を使うなら、日本EGF協会認定の商品をオススメします!濃度や生理活性などが信頼できるからです。また、ヒアルロン酸がプラスされていると、相乗効果が期待できるそうですよ♪

セルビック EGFエッセンス

セルビックEエッセンス

EGF美容液の老舗。すっぴん美肌を育てるスキントレーニング理論が人気。

◆20ml / 4,104円

パーフェクトワン SPクリアエッセンス

オールインワンゲルでお馴染み、新日本製薬が出しているEGF美容液です。

◆30ml / 7,128円

EGFエクストラエッセンス

EGF化粧品専門店の人気美容液。

◆60ml / 8,640円

日本EGF協会認定3品を比較!おすすめはコレ

商品名続けやすさトライアルセットおすすめ度
セルビック
EGFエッセンス
999円
(5日分)
5
パーフェクトワン
SPクリアエッセンス
なし
3
EGFエクストラエッセンス1,000円
(1日分)
4

私がオススメするEGF化粧品は、コスパが良くて続けやすく、トライアルセットでお試しもしやすい「セルビック EGFエッセンス」です!

EGF配合のドクターズコスメ おすすめ2選

日本EGF協会認定ではありませんが、美容クリニックのドクターが監修した化粧品 ドクターズコスメも信頼性が高いのでは?と思っています。

上記3つのEGF美容液と違うのは、女医さんならではのこだわりで、EGF以外の成分でもエイジングケアにアプローチしてくれることです。

アンプルール ラグジュアリーデエイジ

TVや書籍でも活躍する高瀬聡子ドクターが開発した基礎化粧品。GFブースター配合の化粧水と、GF配合美容液が相乗効果を発揮します。

4種類のGF、アルガン幹細胞エキス、セルフクリアペプチド、DMAEのコンビネーションで、土台から押し返すようなハリ肌へ。ゆるみ毛穴にオススメです♪

ミューノアージュ

日本でEGF化粧品が話題になる前から、アメリカで再生医療に携わっていた今泉明子ドクターが開発した基礎化粧品。

EGFをはじめ8種類のペプチドが配合されています。敏感肌でもトライしやすい低刺激処方も魅力。

EGFと同じ効果?!GF様ペプチドって何?

サイトカインを元に、成長因子の機能を活かしつつ、安全に使用できることをコンセプトに開発された「スキンファクター」という成分もあります。

EGFやFGF、IGF、HGFと似たような働きが期待できるそうです。

  • EDP3(オリゴペプチド-24) → EGF様効果
  • リジュリン(アセチルデカペプチド-3) → FGF様効果
  • IDP5(オリゴペプチド-20) → IGF様効果
  • クロノライン(カプロオイルテトラペプチド-3) → HGF様効果

上記のアンプルールの美容液「リジュリューションV」はEGFに加えて、リジュリン、IDP5、クロノラインなどが配合されています。

ツバメの巣、プラセンタエキス、ヒト幹細胞コスメにはEGFは入っていない?

「ツバメの巣にEGFが入っている」という話も聞きますが、人間の唾液にも入っているのと大して変わらない、ものすごく微量でしかないとか。

プラセンタエキスやヒト幹細胞コスメについては、日本EGF協会がEGFの量を調べてデータを公開していますが、

  • プラセンタ → 検出限界値に届かないレベル
  • ヒト幹細胞コスメ → 日本EGF協会推奨品の3500分の1

だったそうです。

「グロースファクターが入っていると聞いたので興味がある!」という方は、「EGF協会認定のEGF化粧品」をオススメします。

この記事を書いた人
コスメコンシェルジュ
京子

40代でも美肌でいるためのスキンケアやエイジングケア情報を発信中。注目のコスメ情報も、写真付きレビューとともにご紹介しています。メイクも好きですが「土台からキレイになりたい!」という想いが強く、毎日の食事やスキンケアをとくに大切にしています。

京子をフォローする
たるみ・ほうれい線
この記事をシェアする
スポンサーリンク
40代の美肌を育てるスキンケア化粧品|大人のコスメガイド
タイトルとURLをコピーしました