化粧品選びのプロ・コスメコンシェルジュが、美肌でいたい40代のためのスキンケア情報をお届け!シミ・シワ・たるみなど、お悩みに合わせた基礎化粧品やメイクをご紹介

40代の美肌を育てるスキンケア化粧品|大人のコスメガイド

メイク・クレンジング

濃いシミも隠せるファンデーション8選!カバーマークなど徹底比較

濃いシミが隠せるファンデーション

シミがあるだけで、すごく老けて見えるんですよね。「お出かけする時くらい、せめてメイクで隠せたら!」ってみんな思っているのではないでしょうか。

京子
コンシーラーって意外と難しいし、ファンデでキレイに隠せたら、もっと明るい気分でお出かけできるはずなのに♪

というわけで、今回はシミも隠せるハイカバーなファンデーションを厳選してご紹介します!

私が気になっているのは、細かく点在するシミと、肝斑のモヤモヤっとした色ムラ。実際のメイク画像でカバー力を比較してみたので、ファンデーション選びの参考にしてみてくださいね。

エマルジョン・リキッド・パウダー・シミしわ両方カバーなど、タイプ別にまとめているので目次から飛んでもらってもOKです♪

肝斑にもオススメ!とにかくシミを隠したい人のハイカバーファンデーション2選

カバーマーク フローレスフィット

カバーマークフローレスフィット

カバーマークは、もともと火傷や傷を隠すために生まれたメイクブランドで、カバー力には定評があります。

「フローレスフィット」は、コンパクトタイプのエマルジョンファンデーションになります。

フローレスフィットのテクスチャー
フローレスフィットのメイク画像

「こんな厚塗りのファンデーション見たことないっ!」というくらいカバー力が高く、コンシーラーなしでもシミをカバーできます。

肝斑(かんぱん)ってコンシーラーだとなかなかキレイに隠せませんが、フローレスフィットはかなり自然に存在感を薄めることができますよ♪

その分、厚塗り感が出やすい&自然な印象にはなりません。ナチュラルに仕上げるなら、部分的に使って薄づきのファンデを合わせるなど工夫してみてください。

スポンジの先にちょんちょんっと取って全体に薄く薄く伸ばせば足りるのでコスパはいいですね。

カバー力
崩れにくさ
保湿効果
色 / UVカット 全10色 / SPF35 PA+++

プチプラ!資生堂スポッツカバー

資生堂スポッツカバー

1980年発売以来、愛され続けるエマルジョンファンデーション。元は火傷の跡を隠すために作られたそうで、男性でも使いやすいよう色幅が広いのが特徴です。

全体用と部分用があり、資生堂のBAさんによると「全体用であっても顔全体に塗ると厚塗りになるので、気になる部分に少しずつ重ねて、最後にパウダーファンデーションで全体的に押さえてあげるのがオススメ」だそうです。

スポッツカバーのメイク画像

実際に手にとってみると、ファンデーションというより、コンシーラーに近い感じです。写真はスポッツカバーで全体を仕上げたものですが、厚塗り感出てますよね(汗)

今回ご紹介している中では、圧倒的に安いです(税込1,296円)。プチプラでお探しの方にオススメします。

カバー力
崩れにくさ
保湿効果
色 / UVカット 全6色 / SPF PA 無し

シミが隠せるハイカバーなリキッドファンデーション2選

エマルジョンタイプに比べて、全体を均一に仕上げやすいリキッドファンデーション。カバー力や仕上がりを求めるなら、下地も併用してみてください。

崩れにくく時間が経ってもコンシーラーが浮きにくい2本をご紹介します。

エスティローダー ダブルウェア ステイインプレイスメークアップ

エスティローダー ダブルウェア
ダブルウェアのメイク画像

崩れにくさ&カバー力が優秀な定番のリキッドファンデーションです。

パフで手早く仕上げないとムラになりやすいものの、コツを掴めばしっかりカバー&かっちりメイクに仕上がります。

マットな仕上がりでナチュラル感はなく、お人形さんみたいな肌になります。

ただし乾燥肌の場合は、かなり保湿に力を入れないと小じわが目立ってきてしまうかもしれません。

カバー力
崩れにくさ
保湿効果
色 / UVカット 全24色 / SPF10 PA++

ディオール フォーエバーアンダーカバー

ディオールフォーエバーアンダーカバーのテクスチャー
フォーエバーアンダーカバーのメイク画像

触れてもキスされても1日中崩れないというお直し不要のファンデーションです。ダブルウェアに匹敵するカバー力で、セミマットでこちらの方が少しツヤのある仕上がりです。

ダブルウェアより伸びがいいので塗りやすく、ムラなく仕上がります。カバー力のわりに使用感は軽めで、付けていてストレスはありません。

パウダーいらずのつるんっとした仕上がりで、汗かいても全然崩れません。乾燥肌の場合は、保湿系の下地をオススメします。

カバー力
崩れにくさ
保湿効果
色 / UVカット 全7色 / SPF PA 無し

シミ隠しにオススメなパウダーファンデーション2選

パウダーファンデーションは基本的にカバー力は控えめです。

とはいえコンシーラーやエマルジョンファンデーションを組み合わせれば、シミをカバーしつつ自然に仕上げることもできますよ!

カバーマーク モイスチュアヴェールLX

カバーマーク モイスチャーヴェールLX

パウダーファンデとしては頭ひとつ抜けてカバー力が優秀と感じたのが、カバーマークの「モイスチュアヴェールLX」です!

粉質はしっとり系でフィット感も良く、薄いシミなら問題なくカバーできます。

モイスチャーヴェールLXのテクスチャー
モイスチャーヴェールLXのメイク画像

カバーマークの「モイスチュアクリアベース」も下地としてはカバー力があり、合わせて使うとさらにキレイにカバーできますよ♪

保湿成分たっぷりで、乾燥肌さんにもオススメ。カバー力を求める方には、パウダーファンデの中でイチオシです。

カバー力
崩れにくさ
保湿効果
色 / UVカット 全9色 / SPF32 PA+++

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV
ドラマティックパウダリーUVのメイク画像

すごくカバー力高い!ってわけではないのですが、仕上がりのキレイさ・カバー力・崩れにくさ・価格など総合的にバランスがいいと感じたのでご紹介しておきます。

コンシーラーも併用するなら問題なく使える商品。例えばですが、クマや濃いシミのみ「スポッツカバー」を仕込めば、自然かつキレイに全体をカバーできます♪

接近戦も遠距離もキレイに見えるのは、さすが資生堂と感じますね。

カバー力
崩れにくさ
保湿効果
色 / UVカット 全7色 / SPF25 PA+++

シミしわ、両方カバーするファンデーション2選

「シミもシワも両方カバーできるファンデが欲しい!」という方も多いですよね。シミしわカバーには、カバー力・保湿力・崩れにくさをバランス良く備えていることがポイント!

ここでは、そんな欲張りさんにオススメのファンデーションを2つご紹介します。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

薬用クリアエステヴェール2

今年は美白ファンデーションがたくさん出ていますが、イチオシなのが「マキアレイベル クリアエステヴェール」です!

プラセンタで薬用美白&乾燥小じわを目立たなくする効能評価試験済みです。

クリアエステヴェールのテクスチャー
クリアエステヴェールのメイク画像

薄づきですが、光の効果でアラを目立たなくしてくれるので、下地→ファンデ→パウダーと重ねると、自然にシミをカバーしてくれます。

何より長時間メイクしても肌が疲れないので、素肌自体を大切にしたい、ナチュラルな仕上がりを求める方にはオススメですよ♪

通販コスメですが、全色サンプル付き&全額返金保証で気軽にお試しできます。

カバー力
崩れにくさ
保湿効果
色 / UVカット 全5色 / SPF32 PA+++
薬用クリアエステヴェール
クリアエステヴェールのカバー力検証!下地・クレンジングは必要?

美白効果をもつ美容液ファンデーション「マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール。今回は、薬用クリアエステヴェールについて、 色選びはどうすればいいか? CMのカバー力は本当か? 下地は必要か? メイク ...

続きを見る

ランコム タンイドル ウルトラウェアリキッド

タンイドルウルトラウェアリキッド
タンイドルウルトラウェアリキッド2

ダブルウェアよりカバー力は少し落ちますが、うるおい・軽さ・カバー力を両立していると感じる、バランスのいいファンデーション。

@コスメでも長いこと1位に君臨する人気のファンデーションです。時間が経ってもくすみ、崩れ、乾燥等も気になりません。

ランコムのUVエクスペールは、下地の中でもカバー力&UV効果が優秀なので、合わせて使うといいですよ♪

シミや毛穴はカバーしつつ、自然なツヤ肌に仕上がるので、個人的にはダブルウェアやディオールより好きですね。

カバー力
崩れにくさ
保湿効果
色 / UVカット 全12色 / SPF38 PA+++

シミをしっかりカバーできるファンデーションの選び方

形状によるカバー力の違いと選び方

ファンデーションには様々な形状がありますが、とくにカバー力が高いのは、

  • リキッドファンデーション
  • スティックファンデーション

の2つです。

さらに、クリームファンデーション、リキッドファンデーションと続き、パウダーファンデーションは単体で濃いシミをカバーするのは難しいと思ってください。

リキッドファンデはマット系やツヤ系など種類が豊富なので、なりたい肌に合わせて選べるのが魅力ですね。クリームファンデーションは保湿効果が高く、乾燥肌にオススメです。

種類 カバー力 特徴
スティックファンデーション 固形タイプのファンデーションで、コンシーラー並みのカバー力がある。初心者にはやや扱いにくいかも。
エマルジョンファンデーション 練りタイプのファンデーションで、スティックより使いやすく、コンシーラー並みのカバー力がある商品も多い。
クリームファンデーション コッテリしていて保湿効果が高い反面、崩れやすい商品も。ハイカバー〜薄付きまでカバー力は様々。
リキッドファンデーション サラッとしたテクスチャーで、メイクが苦手な方にも使いやすい。ハイカバー〜薄付きまでカバー力は様々。
クッションファンデーション リキッドファンデーションよりサラッとしたものが多く、カバー力は低め。手を汚さず、手軽に使える。
BBクリーム 下地いらずのオールインワンメイク。一般的にファンデーションより顔料が少なめ、保湿成分が多め。
パウダーファンデーション
ルースファンデーション
カバー力は低めで、濃いシミを隠すのは難しい。初心者でも手軽に扱える。
CCクリーム ファンデーションというよりは下地に近いアイテム。肌色を調整するのが目的で、カバー力は低い。

色のトーンを肌に合わせて、やや暗めの色を選ぶ

ファンデーションが浮くか、浮かないかは、明るさというより色のトーンが関係しています。

トーンというのは、ピンク系か、オークル系・イエロー系かということ。色のトーンがあっていれば、やや明るめでも、やや暗めでも自然な仕上がりになります。

やや暗めの色の方がカバー力が出るので、お肌のトーンにあった色の中から、やや暗めのものを選ぶと、シミカバーに効果的です。

ピンク系の似合う肌 (ブルーベース) オークル系の似合う肌 (イエローベース)
  • 日焼けすると赤くなる
  • 元は色白
  • 白毛がシルバーっぽい
  • 黒髪が落ち着く
  • 目の色が黒(写真で目が光らない)
  • グレーが似合う
  • クール、知的、爽やかなイメージ
  • 日焼けすると黒くなる
  • 地黒
  • 白毛がクリーム色っぽい
  • 茶髪が似合う
  • 目の色は茶色(写真で目が赤く光る)
  • ブラウンが似合う
  • キュート、親しみやすいイメージ

シミカバーに向いているのはツヤ系?マット系?

  • 光でシミを飛ばす → ツヤ系
  • 毛穴や小じわもカバーしたい → マット系

シミは頬骨の上や鼻、こめかみなど高い位置にできやすいです。

ツヤ系のファンデーションは光の効果で高い部分のシミを飛ばし、目立ちにくくしてくれる一方で、毛穴や小じわはやや目立ちやすい傾向があります。

シミだけでなく毛穴や小じわもカバーしたい場合は、マット or セミマットの方が全体としてキレイに仕上がりますよ。

シミをカバーするメイク術

カバー力のある下地を使う

カバー力のある下地を使うことで、ファンデーションがそこそこのカバー力でも、トータルとしてのカバー力は上がります。

カバー力を求めるなら、リキッドでも下地は使ったほうがいいでしょう。

ランコム UVエクスペールBB n

カッチリ仕上げたい日は下地として、休日のライトメイクには単品でも使えるカバー力。

シミは日焼けによって濃くなりますが、UVエクスペールBBはUV効果もSPF50+ PA++++と高く、夏のお出かけも安心です。

カバーマーク モイスチュアクリアベース

保湿成分たっぷりの下地。淡い肌色で、下地としてはカバー力のある方だと思います。ハイカバーなファンデーションは乾きがちなものも多いため、乾燥肌の方は保湿系下地はオススメです。

1点の濃いシミ、自然な印象に仕上げたいならコンシーラー併用で

1点の濃いシミは、ファンデーションだけではなかなかカバーしきれないもの。スティックタイプのコンシーラーを取り入れるのがオススメです。

ファンデーションだけでカバーすると、どうしても自然な印象にはなりません。ナチュラルに仕上げたい場合も、コンシーラーと薄づきファンデーションを組み合わせる方法が効果的です。

ザセム チップコンシーラー

「プチプラなのにクマやシミを綺麗にカバーできる!」と人気のthe seamチップコンシーラー。SPF28/PA++とUV効果もあり、シミ部分を紫外線から守るという意味でもオススメ。

ナーズ ラディアントクリーミーコンシーラー

高いカバー力とスキンケア効果を両立させたNARSラディアントクリーミーコンシーラー。

ナーズならではの発色の良さでシミをカバー。時間が経っても崩れにくく、クリーミーなテクスチャーも使いやすいです。

顔中に散らばる細かいシミのメイク方法

細かいシミがたくさんある場合は、1つ1つコンシーラーで隠すのは大変。

光でシミ・そばかすを飛ばしてくれる、ツヤタイプのファンデーションや、鮮やかなポイントメイクで、シミの存在感をなくしていくのはいかがでしょうか?

写真撮影など、ここぞ!というときは、スティックタイプのコンシーラーを平筆に取り、1つ1つ丁寧にカバーしていく方法もあります。

頬骨のモヤモヤとしたシミ 肝斑(かんぱん)を隠すには?

肝斑は隠すのが最も難しいタイプのシミ。大きく、茶色が透けやすいため、メイクでで完全に隠すのは無理かもしれませんが、できるだけ自然にカバーする方法をご紹介。

まず、コンシーラーで隠そうとするとどうしても不自然になるため、向いていません。

オススメは、ファンデーションの前に、イエロー系のコントロールカラー。完全には隠れませんが、自然に目立ちにくくすることができます

それでも気になる場合は、エマルジョンファンデーションがカバー力が高くオススメです。

夜にはメイクをしっかり落とす&美白も忘れずに

酸化したメイク汚れは肌老化を促進し、シミにも悪い影響を与えます。1日の終わりには、メイクはしっかり落としてあげましょうね。

すでにシミができている方も、放っておくとシミが増えたり、濃くなったりするので、美白化粧品でしっかり予防しておくことをオススメします。

シミが増えるごとに、人に会いたくない!写真を撮りたくない!そんな風に思っていました。

でも!シミをキレイに隠すテクニックを身につけてからは、明るい気持ちでお出かけでできるようになりましたよ♪

メイクなので完全に無くなるワケではありませんが、昼間目に付かないだけでも、気持ちは前向きになるものです。皆さんも、お気に入りのメイクが見つかるといいですね♪

ビーグレンに聞いた!顔全体のシミをハイドロキノンでケアする方法

顔全体にできたシミのケア方法について、ビーグレンのスキンケアアドバイザーさんに聞いてみました! 京子使い方など、詳しくアドバイスいただいたので、参考になるかと思います。 ビーグレン(b.glen)は、 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
京子

magical40s

40代でも美肌でいるためのスキンケアやエイジングケア情報を発信中。注目のコスメ情報も、写真付きレビューとともにご紹介しています。メイクも好きですが「土台からキレイになりたい!」という想いが強く、毎日の食事やスキンケアをとくに大切にしています。

-メイク・クレンジング
-

Copyright© 40代の美肌を育てるスキンケア化粧品|大人のコスメガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.