化粧品選びのプロ・コスメコンシェルジュが、美肌でいたい40代のためのスキンケア&化粧品の情報をお届け!

40代の美肌を育てるスキンケア&化粧品の情報|大人のコスメガイド

保湿・しわ改善

アスタリフトって40代にどう?使ってみた!アスタキサンチンでハリ

更新日:

アスタキサンチンのパワーに惹かれて、アスタリフトをラインで使っています♪

レチノールやビタミンC誘導体、アスタキサンチンやリコピン、3種のコラーゲンなど、とにかく成分が魅力的で……

トライアルセットを試したら気に入ってしまい、このモイストケアローションとエッセンスデステニーだけは、絶対買うってすぐに決めました。

乾燥対策からエイジングケアまでばっちりこなすし、それでいて続けやすい価格。

「エイジングケア化粧品、どれがオススメ?」って聞かれたら、まずオススメしたいブランドです♪

ハリケアのツボを押さえた化粧水です!

アスタリフト モイストローションは、

  • アスタキサンチン
  • リコピン
  • パルミチン酸レチノール
  • ビタミンC誘導体
  • 3種類のコラーゲン

など、お肌のハリケアのツボを押さえた、豪華な成分が魅力。

とくに注目は、肌内部のダメージをクリアにしてくれる「CLリフレッシャー」という複合成分。

コラーゲンの再生メカニズムを研究した結果、お肌のハリを失わせているダメージコラーゲンをクリアにすることの重要性がわかったんですって。

「コラーゲンを補うケアを続けている女性の8割りが実感を得られていない!」という調査結果が出ているそうで、

エイジングケア化粧品で思うように効果が出ない!という方は、肌内部にダメージコラーゲンが蓄積しているのかも……

心当たりのあるは、アスタリフト モイストローションを試してみるといいかもしれません。

アスタリフト モイストローションの使用感をレビュー

パッケージもボトルも、アスタリフトの象徴である「深い赤」になっています。

アスタキサンチン配合の化粧品はいろんなブランドから出ていますが、アスタリフトは成分も贅沢だし、パッケージも高級感があって好き。

透明なので中身も見えるし、スリムな容器は手に心地よくフィットする。
ポンプ式なのも使いやすくていいです。

アスタキサンチン&リコピンのオレンジ色♪
香りはローズ系です。

サラサラの化粧水は、肌に乗せるとまろやかで、2プッシュを手のひらにとって伸ばすと、お肌に吸い込まれるように浸透してしまいます!

乾燥肌の私は化粧水が思うように入っていかないことが多く、コットンを使ったケアも好きですが、アスタリフトの化粧水は手のひらでお肌にゴクゴク飲ませるように使うのがいい。

すごく高保湿ってわけじゃないけれど、キメのすみずみまでうるおいが行き渡る感覚がクセになります♪

ベタつかないのにモッチリ吸い付くような、ピンっとハリのあるお肌になるのがたまりません。

ちなみに、先行美容液「ジェリーアクアリスタ」を化粧水の前に使うと、より浸透が良くなり、お肌がよりうるおいを蓄えてくれる感覚が。

ジェリーは高いので、私はもっぱら化粧水と美容液ばかりリピートしてますが、単体使用でももちろん優秀な化粧水だと思いますよ♪

アスタリフトローションの魅力って?

ハリ肌を目指すなら取り入れたいレチノールが化粧水に!

ハリ肌を目指すなら積極的に取り入れたいレチノール系成分が配合されているのも見逃せません!

パルミチン酸レチノールって油性の成分なので、化粧水に配合するのってすごく難しいんです……

それを可能にしたのはアスタリフトのナノテクノロジーと優れた乳化技術!
アスタキサンチンやコラーゲンペプチドと合わさって、Clリフレッシャーの形で配合されています。

アスタキサンチン&リコピンのWパワー

活性酸素は肌に炎症を起こし、シミ・シワ・タルミなどあらゆるエイジングサインを加速させます。

そこで、注目したいのがアスタキサンチン&リコピン!

アスタキサンチンは鮭やカニ、紅藻類などの海洋生物に存在する赤い色素で、紫外線などの過酷な環境から海洋生物のカラダを守っているといわれています。

また、トマトに含まれるリコピンは壊れやすいデリケートな成分で、化粧品に配合するのが難しいのですが、アスタリフトはナノテクノロジーによって配合する事に成功。

アスタキサンチンやトマトのリコピンなど赤い成分にはカロテノイドが含まれていて、とても相性がよく、赤のパワーでお肌のハリや弾力を守ってくれるんです♪

見た目年齢を左右する「ハリ・弾力」に!パワフルな赤い美容液

シミはメイクで多少隠れるけれど、ハリや弾力が低下して、たるんだり緩んだりした印象は、どうあがいてもメイクでは隠せない!

富士フイルムは、加齢による表皮の薄層化や、加齢とともに蓄積する細胞ダメージが、お肌のハリや弾力に大きな影響を与えていることに着目。

見た目年齢を大きく下げてしまうハリ・弾力に、独自の研究から選び抜いたエイジングケア成分をギュッと凝縮配合した美容液が「アスタリフト エッセンスディステニー」です。

高浸透型レスベラトロール、リコピン、アスタキサンチンといった、エイジングケアに取り入れたいものの、化粧品に配合するのが難しい成分を、富士フィルムならではのナノテクノロジーで配合!

みずみずしく心地よくうるおい、小じわ・ハリ・弾力にパワフルにアプローチしてくれる1本♪

アスタリフトの化粧水とエッセンスデスティニーは、私のスキンケアに欠かせないアイテムになっています。

アスタリフト エッセンスデスティニーの使用感レビュー

パッケージもボトルも、宝石を思わせるキラキラとしたデザインで、高級感があります。

使い方は、化粧水で整えたお肌に2〜3プッシュを伸ばし、軽くマッサージします。

鮮やかに輝くオレンジ色の美容液はローズの香り。

ゆる〜いジェル状で、みずみずしくお肌に広がります。

つるつると指滑りがいいうちに、優しくマッサージ。

美容液が完全に浸透したところで指滑りがピタッと止まれば完了です。

軽やかなのに保湿効果は優秀で、モッチリ吸い付くようなうるおい肌に。
小じわも目立たなくしてくれます。

ピンっと押し返すようなハリと、やわらかな弾力が嬉しい1本。

保湿効果は優秀ですが、お肌の表面にとどまらず、お肌に浸透してしまうタイプの美容液です。
サラッとしてしまう前に、クリームで潤いを閉じ込めるのをお忘れなく。

アスタリフト モイストローションとセットで使うと、よりハリと潤いを感じられるので、オススメ。

アスタリフトのこの2本の組み合わせは、かなり気に入っていて、長くリピートすることになりそう♪

アスタリフト エッセンスデスティニーの魅力って?

化粧品に配合するのが難しい高浸透型レスベラトロール配合!

加齢とともに、皮膚が薄くなったと感じる方は多いのではないでしょうか?

ハリ・弾力の低下は肌の深いところに存在する真皮コラーゲンの減少が原因とされ、化粧品によるケアは難しいとされてきました。

しかし、富士フィルムは加齢とともに表皮が薄くなることもハリの低下と関係が深いことに着目。

基底層に存在するメッシュコラーゲンをキープすることが、表皮の厚さを維持することに効果的なことを突き止めました。

メッシュコラーゲンは紫外線ダメージに弱く、加齢とともに減少します。

そこで、富士フィルムが着目したお肌のハリに嬉しい成分が、ブルーベリー系の植物に含まれるポリフェノール「レスベラトロール誘導体(プテロスチルベン)」。

通常のレスベラトロールに比べて浸透力に優れているため、必要な場所にしっかり届けることができるのだそう!

化粧品に配合しにくいこの成分を、富士フィルムのナノテクノロジーにより「高浸透レスベラトロール(プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス)」として配合しています♪

小じわを目立たなく効能評価試験済み!

エッセンスデスティニーはうるおい効果で小じわを目立たなくしてくれることも試験済み!

しかもベタつかないので、季節を問わずスキンケアに取り入れられるのが嬉しい。

乾燥の気になる方は、保湿美容液としてお手入れにプラスするのもオススメです♪

ハリとうるおいを閉じ込める赤い美容クリーム

アスタリフトのクリームは、スクワラン、3種類のコラーゲン、ローヤルゼリーといった豊富な保湿成分で、化粧水や美容液で与えたハリとうるおいを閉じ込めてくれる美容クリーム。

コラーゲンの1つ「アセチルヒドロキシプロリン」は、コラーゲンの中でもとくに保湿効果が高く、ハリ肌を目指す方におすすめな成分なんです!

アスタキサンチン、リコピン、メマツヨイグサ種子エキスなどポリフェノールを豊富に含む成分が配合されていて、オイルの酸化を気にする事なくエイジングケアに取り組むことができます。

クリームは朝はちょっと…… という方もいるかもしれませんが、アスタリフトのクリームはコッテリ濃厚なのにベタつかない使用感が魅力で、朝も夜も使いやすいアイテムです♪

アスタリフト クリームの使用感レビュー

容器はプラスチックですが、クリアな赤で高級感があります。

30gと小ぶりな容器ですが、意外と2ヶ月くらい持ちます。

クリームとスパチュラを立ててセットできるトレー付き。
スパチュラはスリムな赤でオシャレです。

ジェリーアクアリスタも同じトレーとスパチュラが付いているので、保管の場所を取るし、1回のお手入れで何本もスパチュラを使い分けるのってどうなの?って気もしてきて……

私の場合、スパチュラはジェリーと共用で、自然とトレーは使わなくなっていきました。

サーモンオレンジのきれいなクリーム。
もちろん、アスタキサンチン&リコピンの色。

化粧水や美容液と同様、香りはローズ系です。

使い方は、化粧水や美容液の後に、大きめのパール大を5点置きして伸ばします。

やや固めのテクスチャーでコッテリ系のクリームですが、なめらかで伸び広がり、肌馴染みはいいです。

お肌に溶け込むような馴染み方をするのだけれど、程よい油膜も残してくれる感じ。

濃厚ですがベタつかず、テカテカにもならないので、朝にも使いやすいと思うのですが、モチモチ吸い付く感じにはならないので「保湿効果が足りない」と感じる方もいるみたい。

(浸透性の高いスクワランがベース、というのも関係してるかも)

私も乾燥肌で、単品で使うと確かにそこまで保湿効果の高いクリームではないかな?って感じるのですが、

アスタリフトは化粧水と美容液の保湿効果が高いので、ラインで使うとちょうどいい保湿感だし、ピンっとしたハリ感も感じられます♪

成分とか見てると「いいな!」って思うんだけど、塗ってすぐに肌で感じる感動があまりないんだよね……

単品使いだとハリもあまり持続しないし。

お肌のためには続けるのも悪くないって思うのですが、このクリームの良さは、ライン使いで感じられるような気がします。

アスタリフトの化粧水と美容液のハリ・弾力を閉じ込めてくれる感じですね。

豊富なポリフェノールにエラグ酸…… メマツヨイグサ種子エキス(月見草エキス)が凄すぎる!

アスタリフトのクリームや乳液にのみ、配合されている「メマツヨイグサ種子エキス」という成分が凄いんです!

「プロアントシアニジン」というポリフェノールが豊富に含まれていて、その量はなんとぶどう種子の約8倍!

アスタリフトの研究によると、メマツヨイグサ種子エキスは、イキイキとした肌を保つ作用で知られるアスタキサンチンやリコピンとの相性もバッチリで、年齢肌のお手入れにもピッタリ。

また、メマツヨイグサ種子エキスにはエラグ酸も豊富に含まれていて、透明感のある肌づくりにもマル。

アスタリフトは、アスタキサンチンをナノ化したり、リコピンをプラスしたりしながら、商品を進化させてきましたが、今回メマツヨイグサ種子エキスをプラスすることによって、さらなる進化を遂げたと言えそう♪

クリームの酸化を抑えてさらに有用なものに

富士フィルムはイキイキとした肌を保つ研究のパイオニア。

写真の日焼けや劣化を防ぐ研究を続けてきたため、イキイキとした肌を保つのノウハウも多く蓄積されているのかな?と思います。

アスタリフトのクリームがこだわったのが、クリームに含まれるオイルの酸化を抑えること!

皮脂や細胞膜の酸化は肌にダメージを与え、老化を加速させることが知られていますが、クリームのオイルにも同じ事が言えるのでは?という考えです。

良かれと思って毎日塗っているクリームで、肌の酸化を促進していたら!なんて、ちょっと怖い話ですよね……

先ほどご紹介したメマツヨイグサ種子エキスはオイルの酸化も抑えてくれるので、クリームの有用性を確かなものにしてくれると考えられます。

トライアルセットでライン使いの良さを試してほしい♪

アスタリフトは、続けやすい価格も魅力。

でも私としては、まずはトライアルセットのライン使いで、アスタリフトならではのハリと弾力を実感してほしい!

トライアルセット購入者限定の、本商品がお得に買えるキャンペーンも見逃せません。

公式サイトダブルの赤いチカラで感動のハリ実感!アスタリフトお試し1,000円+税

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
magical40s

magical40s

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ。40代でも美肌でいるためのスキンケアやエイジングケア情報を発信中。注目のコスメ情報も、写真付きレビューとともにご紹介しています。メイクも好きですが「土台からキレイになりたい!」という想いが強く、毎日の食事やスキンケアをとくに大切にしています。

-保湿・しわ改善
-, ,

Copyright© 40代の美肌を育てるスキンケア&化粧品の情報|大人のコスメガイド , 2019 All Rights Reserved.